現金になるのは金券の買取です!

気楽な買取が魅力的!

買取と聞くと、傷をチェックして世の中の需要を把握するなど様々な要素が絡み合って成立するものです、しかし金券の買取は少し格好が異なり、外観的な状態ではなく中身が大切になってきます。
極端に言えば、金券の状態が悪くても大きなダメージにはならないということです。もちろんシワシワで今にも破れそうなど壊滅的な状態であれば話は別ですが、重要なのはその金券が使えるか否かです。
そして、その金券がどこで使えるかも大切な要素です。全国の主要なデパートやコンビニで使えるというケースは多いですが、中には地域のスーパーなど使用が限定的な場合もあります。使える場所が限定的だとあまり魅力的な金券ではないので、あまり高値での買取は期待できません。

メリット・デメリットを考える

金券を売ると即座に換金されますが、金券の額面通りに換金される訳ではありません。額面通りの取引となると金券買取のビジネスが成立しないので、8~9割ほどの買取額となります。
もし図書券を持っているとして、ほとんど読書をしない方が図書券を持っていてもあまり意味がありません。なので換金して自由に使った方が有益だと判断できます。しかし、例えば五千円の金券が四千円ほどの現金となる現実をしっかり受け止めないといけません。金券の額面通り使うか、多少減ってでも現金として自由に使うかが判断の分かれ目です。各金券ショップによって買取額が異なるので、安易に売ると損をする可能性があります。また、五千円の金券が三千円になるなど差が大きい場合も考えものです。